【漢ぺき君を使いこなす】 〜漢字の候補数を減らすテクニック「絞り込み」〜


1・2文字の見出しを3文字の見出しにすることで検索効率を高める機能を「絞り込み」といいます。
絞り込みを使うことで、候補数を大幅に減らすことができ、さらに効率よく漢字を検索することができます。

例えば、「」を「ち+」で「くか」で引くと。。。 候補数74
         「ち+な」で「くは」で引くと。。。候補数27

では、この漢字を絞り込んで見ましょう。

ルール
「偏(または冠)の頭文字」+
「旁(または脚)の
の頭文字」+「旁(または脚)のの頭文字」

ん〜文字にすると難しい! では図解して詳しく見ていきましょう。

絞り込み見出し「くかは」(ち+な)

くかは」でペキると 候補数4!

このように「絞り込み」をすると、グッと候補数が減ります。
最初は戸惑いますが、慣れれば自然に「音読み・訓読み」が浮かぶようになりますよ。

詳しい解説はこちら

1つの構成要素からなる漢字の
絞り込み
偏+旁」など2つに分かれる漢字の
絞り込み

最初の構成要素しか読めない漢字の
絞り込み

最後の構成要素しか読めない漢字の
絞り込み

*検索した漢字はコピー&ペーストを使って文章中に落とせます。


漢ぺき君方式の見出しのつけ方はこちら